アサックス不動産担保ローンは審査スピードが早いと評判も上々

MENU

アサックス不動産担保ローン

東京を中心拠点として不動産担保ローンの専門金融機関として営業しているのが「株式会社アサックス」です。1969年創業の老舗企業で、東証一部に上場しています。半世紀近くの実績を持ち、法人、個人事業主、消費個人とあらゆる不動産担保融資に対応しています。

 

最高10億円までの高額融資に合わせて、審査のスピードが早いと評判も上々です。資金使途も自由であり、あらゆるニーズに対応しているその特徴を紹介しましょう。

 

アサックス不動産担保ローンの審査について

不動産担保の審査では、申込者の返済能力以上に、不動産の担保評価が大きなポイントとなります。不動産の担保評価を一般の方が正確に計算するのは難しい点も多くあります。アサックスを利用したいと考える方は、まずは事前に相談してみてはどうでしょうか。

 

専門知識を持った営業員が親切に対応してくれます。

 

借入希望金額に対して相応の不動産評価を得ることができれば、審査に合格することはそれほど難しくはありません。当然、審査においては申込者の返済能力が全く問われないということではありません。ただし以下のような方でも、アサックスでは柔軟に審査に応じてくれます。

 

  • 事業が連続2期赤字(今期は黒字見込みだか事業継続のために資金が必要)
  • 債務超過
  • サービサーへの返済途中
  • 返済条件変更中

 

通常の金融機関、とくに銀行融資ではこれらの方はまず審査に合格できません。

 

独立系ノンバンクであるアサックスであればこそ、審査に柔軟に対応してもらえるといえるでしょう。

 

アサックス不動産担保ローンの口コミ情報

親身に対応してくれた

  • 50代女性
  • アパート経営
  • 借入希望金額2,000万円

 

 

アパートの改装費の融資を借入したいと思っていました。
母親が不動産を担保として提供してくれるとのことで、東京で人気のアサックスに申込しました。親身に対応してくれ、審査も満額で回答していただき満足です。


 

決済に無事間に合いました

  • 50代男性
  • 自営業(印刷業)
  • 借入希望金額1,000万円

 

 

不動産を担保として月末の決済資金を調達したいと考え、知人に紹介していただいたアサックスに相談してみました。
他社と比較して親切に説明していただいたので、申込を行って3日で融資を受けることができました。月末の支払いに無事間に合い、本当に助かりました。


 

アサックス不動産担保ローンの概要

借入条件

  • 年齢20歳以上

法人、個人は問いません。健康な方であれば、どなたでも申込できます。

 

  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県の地域が対象

アサックスの支店がある以上の地域の不動産しか取り扱いできません。

 

資金使途

  • 自由

事業性、個人消費性問わず、あらゆる資金使途に対応しています。

 

不動産売却に伴うつなぎ資金、投資資金、運転資金などの事業性資金。リフォーム資金、教育資金、各種ローンのおまとめなどの消費性資金。その他あらゆニーズに対応できます。

 

借入可能金額

  • 300万円〜10億円

不動産担保ローンとして満足できる「最高10億円」の融資が可能です。さらに交渉次第では、これを上回る借入も可能なケースもあります。

 

借入期間

  • 元金一括返済:3ヶ月〜30年
  • 元利均等返済:12ヶ月〜30年(12回〜360回)

最高30年に渡る長期返済が可能です。ただし返済期間が長期になる分、利息返済負担が大きくなりますので注意しましょう。

 

金利

  • 年利2.980%〜7.800%(固定金利)

不動産を担保とすることで、一けた台の金利で契約することができます。適用金利は審査により決定されますが、一般の消費者金融などと比較するとはるかに低金利で借入可能です。

 

  • 実質年利2.980%〜15.000%

実質年利とは、契約利率以外の融資取扱手数料などを含めた合計額を年率に換算したものに、契約利率を加えた利率のことです。

 

アサックスでは、「融資額の0.000%〜3.000%(+消費税)」の融資取扱手数料が必要となります。それでも条件次第では、民間消費者金融よりも低金利で、かつ高額融資を期待することができます。

 

遅延損害金

  • 年率20.000%

せっかく低金利で借入できても、返済遅延により高額な遅延損害金(延滞利息)を支払っていたのでは意味がありません。返済遅延により他にも様々なペナルティが課せられ、最悪担保不動産を失うこともあります。

 

利用の前には念密な返済計画を立てて、決して返済を遅らせることのないようにしましょう。

 

担保

  • 一戸建て、マンション、土地、アパート、ビルなどの不動産を担保として提供

不動産を申込者自身が所有していない場合でも、担保提供者を連帯保証人とすることで利用可能です。

 

保証人

  • 不要、ただし審査において連帯保証人を要求されることもあります。

担保提供者の他、法人の代表者は通常、連帯保証人となる必要があります。

 

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 収入を確認できる書類(源泉徴収票、確定申告書など)
  • 担保物件に関する資料

その他、審査の過程で書類を要求されることもあります。要求された書類がすぐに準備できるようにしておきましょう。

 

アサックス不動産担保ローンのメリット

 

審査スピードが早い

通常不動産担保ローンでは、かなりの審査時間を必要とします。不動産の調査だけでも数日、長ければ一週間以上かかることもあります。

 

これに対してアサックスでは、これまでのノウハウを生かした審査スピードを売りとしています。

 

最短で申込から審査結果まで即日回答、早ければ申込から融資契約まで最短3日で対応が可能となっています。状況次第では、営業スタッフが直接訪問を行いますので、店舗来店が不要なケースもあります。

 

低金利・高額融資

適用金利、上限金額ともに不動産担保ローンでは、魅力的な条件となっています。とくに民間消費者金融などの金融機関と比較すると、好条件であることがわかるでしょう。

 

対応がよい

アサックスを利用された方が、あわせて口にするのが「対応の良さ」です。半世紀近くのノウハウを生かした営業と、お客様に対してひとりの営業スタッフが専属として対応します。非常に安心感と満足感を得ることができるでしょう。

 

アサックス不動産担保ローンのデメリット

 

地域が限られている

アサックス不動産担保ローンを利用するには、アサックスの営業エリアに不動産がなければいけません。営業エリアは「東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県」となっていますので、対応可能地域がかなり限られてしまっています。

 

中途解約金が発生

期日前償還を行う場合、返済元金の0.000%〜3.000%の中途解約金が発生します。

ただし、当初の融資金額の1割までは必要がありません。

 

元金が多く残っているケースでは、手数料無料で繰上返済を行うことも可能ということです。不明な点は担当者に問い合わせてみましょう。

 

デメリットよりもメリットが多い?、アサックス不動産担保ローン。

以上のように、アサックス不動産担保ローンの商品内容を見てみるとこれといったデメリットは感じません。

 

とくに高額融資が最短3日で受けることができるのは大きな魅力でしょう。

 

営業エリアに不動産を保有している、もしくは不動産所有者が担保提供に同意するのであれば、アサックス不動産担保ローンの利用を検討してみてもよいのではないでしょうか。