関西アーバン銀行不動産担保ローンの審査ポイントと評判は?

MENU

関西アーバン銀行アーバンフリーローン

関西アーバン銀行三井住友銀行の子会社で、もともとは関西銀行幸福銀行から営業を受け継いできました。大阪府内だけではなく滋賀県内などにも店舗を展開、関西一円で営業を行っています。最近、同じ関西の地方銀行との業務提携のニュースが報じられ、今後の動向に注目です。

 

関西アーバン銀行が提供する不動産担保ローンが「関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)です。個人融資だけでなく、事業性資金としての利用も可能で、ガン保障付き団体信用生命保険の加入が可能といった他社では見られないサービスが付加されています。

 

関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)の審査について

一般的に銀行融資は審査が厳しいといわれています。お客様から大切なお金を預金として預かる銀行は、融資については審査を厳しくして簡単に貸し倒れを発生させない必要があるためです。とはいっても、しっかりとポイントを押さえておくことで十分審査に合格することも可能です。

 

アーバンフリーローン(不動産担保型)の審査ポイントは、主に以下の2点です。

 

申込者の返済能力

要するに「借入した資金をきちんと返済できるかどうか」ということです。申込者の年収、勤務先、勤務形態、他社の借入状況(件数・金額)などを総合的に判断されることになります。

 

不動産を担保としているので、無担保ローンでポイントとなる家族構成や居住形態などの属性はそれほど審査に影響を与えることはないでしょう。

 

それでも「年収」「個人信用情報」の2点は、無担保ローンと同等、もしくはそれ以上に厳しい基準で判断されることになります。

 

不動産の評価額

万が一利用者が返済不能となった場合には、提供された担保不動産を処分して債権回収を図ります。通常は不動産価格が時間の経過とともに下落するリスクを考慮し、不動産評価額の70%程度で担保価格が設定されます。

 

不動産評価額、担保価格ともに、一度審査を受けてみなければわかりません。

 

市場価格などを参考にして、担当者と相談するのもひとつの方法でしょう。なお審査回答期間は最短3日程度となっていますが、これは申込受付から仮審査回答までの期間です。その後借入契約までは10日程度必要となっています

 

関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)の口コミ情報

親切に対応してくれました

  • 40代男性
  • 正社員
  • 借入希望金額1,000万円

 

 

日頃からお世話になっていた関西アーバン銀行で所有不動産を活用して借入したいと相談してみました。
窓口の対応も新設で不動産担保ローンがどのようなものなのかきちんと説明していただきました。審査も無事合格できましたので、できるだけ早めに完済したいと考えています。


 

審査が不安でしたが

  • 50代女性
  • 個人事業主
  • 借入希望金額2,000万円

 

 

店舗運営費としてまとまった資金を借りたいと考えていました。不動産を所有しているので有効活用したいと思い、関西アーバン銀行で申し込みました。
個人事業主ということで審査が不安でしたが、希望金額満額で合格できました。事業資金を上手に調達でき、今後の事業運営も軌道に乗せることができます。


 

関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)の商品内容

利用できる方

  • 申込時年齢が20歳以上満70歳以下、完済時満86歳未満の方

年齢は本人確認資料により厳密に確認されますので、正しく申告しましょう。

 

  • 継続して安定した収入のある方

安定収入」はローン審査において最も重要視される項目です。たとえ不動産担保ローンであっても、この点は変わりません。

 

  • 保証会社の保証を受けることができる方

アーバンフリーローン(不動産担保型)は株式会社セゾンファンデックスの保証となります。関西アーバン銀行の他、同社の審査にも合格する必要があります。

保証料はあらかじめ金利に含まれていますので、別途負担する必要はありません。

 

  • 事業資金で申込の場合は法人格のない個人事業主の方で関西アーバン銀行営業エリア内に居住又は勤務の方

事業資金としての利用も可能ですが、法人は利用不可です。また関西アーバン銀行の営業エリア内に居住もしくは勤務している必要があります。

 

対象地域

  • 全国、ただし事業性資金で申込の場合は、お住まい又はお勤め先が関西アーバン銀行の営業エリア内、かつ契約時に来店可能な方

個人消費性の目的で利用の場合は、インターネット活用などで全国地域に対応しています。

 

資金使途

  • 自由

事業資金としても利用可能ですが、法人への転貸資金には利用できません。他の金融機関融資のおまとめや借換えでも利用できますが、関西アーバン銀行で利用している借換えには利用できません。

 

資金使途については確認されますので、正確に申告するようにしましょう。

万が一契約後に資金使途違反が発覚した場合、即座に一括返済を請求されますので注意しましょう。

 

融資金額

  • 100万円以上5,000万円以内(1万円単位)
  • ただし事業資金の場合は100万円以上3,000万円以内(1万円単位)

不動産担保ローンにしては上限金額が低めとなっています。とくに事業性資金の上限「3,000万円」は物足りなさを感じます。

 

融資期間

  • 12ヶ月以上25年以内(1ヶ月単位)

返済期間が長期になればなるほど、利息返済負担が大きくなりますので注意しましょう。

 

返済方式

  • 元利均等返済

 

融資利率

  • 変動金利→年2.900%、年2.950%、年3.900%
  • 固定金利→年4.900%、年5.800%、年7.800%、年8.800%、年9.800%

団体信用生命保険加入の場合は、上記利率に年0.200%が上乗せとなります。適用される金利は審査により決定されます。

 

担保

  • 土地、建物またはマンション

所有不動産を担保として提供できるかどうかは担当者と相談してみましょう。

 

保証人

  • 原則不要

株式会社セゾンファンデックスの保証となりますので、借入に際し保証人を準備する必要はありません。

 

ただし申込者と担保提供者(不動産所有者)が異なる場合は、提供者の保証が必要となります。

 

手数料

  • 事務取扱手数料(担保調査手数料)37,800円(消費税込み)

そのほか印紙代、登記費用などの実費が必要になります。

 

団体信用生命保険(ガン保障付きプラン)

融資実行時満20歳以上満60歳以下の方は、ガン保障付き団体信用生命保険に加入できます。加入される場合は、融資利率に年0.200%が上乗せされまが、万が一(契約途中で亡くなる)の時だけでなく、ガンと診断されただけで生命保険によりローンが完済されます。

 

告知内容によっては加入できない場合もありますが、その場合でも融資審査は継続します。

 

保険の詳しい保障内容や、保険金・診断給付金による返済が受けられない場合(免責事項)など、利用者の不利益となる事項については「被保険者のしおり(契約概要・注意喚起情報)」などで必ず確認しておきましょう。

 

関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)のメリット

 

三井住友銀行グループの安心感

関西アーバン銀行は、日本の3大メガバンクのひとつである三井住友銀行の完全子会社です。そのため民間の消費者金融などと比べると安心感は際立っているといえるでしょう。

 

10%を切る低金利

不動産担保を活用することで、10%を切る低金利での借入が可能です。契約金利は審査により決定されますが、民間消費者金融と比較してはるかに低金利で利用することができます。

 

ガン保障付きの団体信用生命保険

アーバンフリーローン(不動産担保型)の団体信用生命保険はガン保障付きプランとなっています。万が一利用途中で亡くなった場合だけでなく、がんと診断されるだけで保険金により借入金が清算されます。

 

いざという場合でもローン返済を気にすることなく治療に専念することができます。

 

関西アーバン銀行アーバンフリーローン(不動産担保型)のデメリット

 

上限金額が低い

借入上限金額は5,000万円、しかも事業性資金の場合は3,000万円となっています。不動産担保ローンとしては低めの設定となっており、事業性資金の3,000万円はかなり物足りなさを感じます。

 

即日融資に対応していない

申込から仮審査回答までは最短3日程度、その後融資契約までは最短10日程度必要です。3,000万円程度の事業資金を最短即日融資で対応している金融機関も多くありますので、スピードという観点でも物足りなさを感じます。

 

独特の特徴があるが……

 

アーバンフリーローン(不動産担保型)の最大の特徴はガン保障付き団体信用生命保険でしょう。これは他の不動産担保ローンでは見られない独特の特徴です。

 

一方上限金額や融資スピードなどは他の不動産担保ローンに劣る内容となっています。関西アーバン銀行は、同じ関西の地方銀行との業務提携が計画されています。今後、サービス内容も変更される可能性もありますので、注目していきたいところです。